マウスピース矯正(インビザライン)|日本橋小伝馬町デンタルクリニック

menu

インビザ
ライン

Inviza Line

女性白い歯
診療アイコン

インビザライン

Inviza Line

マウスピース矯正(インビザライン)

歯アイコン

前歯や奥歯が気になる方へ

インビザラインとは?
インビザライン(invisalign)とは、米アライン・テクノロジー社が開発したマウスピースによる治療システムです。
およそ20年の歴史を持つ比較的新しい治療方法ですが、世界的にインビザラインの利用者は年々増えており、アライン・テクノロジー社によると、世界で500万人以上もの人がインビザライン治療を受けています。
透明なインビザラインは付けていることが目立たず、自分自身で取り外すことも可能。さらに、通院頻度が一般的な矯正治療より少なくなるといった利点もあります。
矯正治療を考えているあなたへ、お勧めしたい治療方法のひとつです。

歯アイコン

お口の中を清潔に保つ

マウスピースは取り外しができ、治療中でも普段と同じように歯のお手入れが出来ます。

歯アイコン

インビザラインは、透明で気付かれにくい

マウスピースは薄く透明なプラスチック製なので、驚くほど他人に気付かれにくい装置です。

歯髄細胞バンク
歯アイコン

アクティビティもOK

スポーツなどの際にも装着したまま活動ができるので、治療のために生活スタイルを変える必要はありません。

歯髄細胞バンク
歯アイコン

装着感がいい

マウスピースは患者様の歯に合ったオーダーメイドのマウスピースは、薄く透明度の高い素材を使用しているので、装着時の違和感がとても少ない特徴があります。

歯アイコン

インビザラインでの矯正治療の流れ

① 検査・お口の型取り

カウンセリングを経て、マウスピースでの矯正治療開始を決めた場合、 精密検査を行い、現在の歯や顎の状態、かみ合わせなどを事前に調べます。 またマウスピース作成のため、お口の中のデータを作成するため型取りをいたします。

歯髄細胞バンク

② マウスピースの作成

スキャニングを行ったお口の中のデータはアラインテクノロジー社へ送信し、マウスピースの製作を依頼します。マウスピースの作成はアライン社に任せきりというわけではなく、歯の動かし方を医師が細かく確認し、 正しいかみ合わせ、歯並びへ向けた治療計画に基づいてマウスピースを作っていきます。 矯正治療の知識を持った医師によるこの確認作業が治療の成功を左右する重要な過程となります。
また、インビザラインには「クリンチェック」と呼ばれる独自のアプリケーションがあります。モニターを利用して術前の歯の動きをシミュレーションすることができますので、 治療の過程や整った歯並びをご自身の目で確認でき、モチベーション維持につながります。

歯髄細胞バンク

③ マウスピースの装着

マウスピースの完成後、いよいよマウスピースを装着し、治療を開始します。はじめの期間については約1ヶ月に1度の間隔で通院していただき、調整などを行います。その後、各治療段階に合わせて、歯科医の指示に従いながら2週間に1度のペースで付け替えをご自分で行います。この間の通院頻度は1ヶ月から3ヶ月に1回程度(*症状によります)になりますが、歯の動きに不安がある場合などはすぐご来院ください。通常は約2〜3年で治療は完了します。【治療中の注意点】 マウスピースは1日20時間以上装着してください 食事や歯磨きの際には外すようにしましょう。

歯髄細胞バンク

④ 治療完了後、保定期間へ

歯が整列し矯正治療が完了した後、保定期間に入ります。整列させた歯並びは安定するまで「後戻り」の可能性があります。これを防ぐために約1〜3年はリテーナーと呼ばれる保定装置を付けていただきます。保定期間は2〜6ヶ月に1度のペースで通院していただき、後戻りしていないかどうか、噛み合わせはどうかといったチェックを行います。

歯髄細胞バンク